お金だけではなくポイントやマイルの流れもわかる「マネーフォワード ME」

2021年4月2日

みなさんお金の管理はどうやっていますか?

私の母は結婚してからずっと家計簿をつけていました。

買い物をすればレシートを必ずもらい、通帳やカードの明細をしっかりと家計簿に記録することが日課だったようですが、毎日の家計簿に30分程遣っていて大変そうだなぁと傍から見ていました。

また、通帳を記帳するために長い列にならんだり、オンラインバンキングでも口座へログインして明細確認する必要があります。

レシートのもらい忘れや紛失、きっぷや自動販売機はそもそもレシートはでません(切符は機械の場合、領収書ボタン押せばでますが)。

昔は買い物は現金がメインだったのが、現在ではクレジットカード決済や交通系ICカード決済、PaypayなどのQRコード決済など多岐に渡っています。

そこで困るのが、お金の流れがわからなくなることです。

現金はその場で残高が増減がわかりやすいのですが、クレジットカードなどの現金を扱わない決済ですと利用日と支払い日(口座引落とし日)が異なるので、突然の高額請求で驚くこともあるでしょう。

日々のお金の流れを把握するために非常に便利なのが家計簿アプリです。

今回数ある家計簿アプリの中でもとても人気な「マネーフォワードME」を紹介します。

※「アプリ」と紹介はしていますが、パソコンでもWebブラウザから利用できます。

マネーフォワードMEってなに?

マネーフォワードMEは株式会社マネーフォワードという会社が提供しており、この会社は2012年に設立され、2017年には東京証券取引所マザーズにも上場しています。

今回紹介する家計簿サービス以外にも法人向けサービスを提供しており、CMでおなじみの「マネーフォワード クラウド」シリーズを展開しています。

マネーフォワードMEはどなたでも簡単に、(基本)無料で続けられるお金の見える化サービスです。

銀行・クレジットカード・FX・ビットコイン・証券会社・年金・航空会社マイレージ・ポイントなどの口座を自動でまとめてくれて、家計簿を自動作成します

面倒な家計簿をつけなくても、お金の流れや資産の状態を把握できるため、お金の不安をなくせるツールになります。

マネーフォワードのよいところ

マネーフォワードをインストールしたあとに、銀行口座やクレジットカード、航空会社のマイレージなどの情報を登録します。

すると、銀行の入出金や口座引落、クレジットカードの利用や毎月の引き落としが、ほぼリアルタイムでアプリに反映され一覧で表示されます。

いつ?どこで?何に使ったか?、がわかります。

さらには、お金の流れ以外にも一部のポイント(Amazonなど)、航空会社のマイレージも確認できます

マネーフォワードのよいところ

ズバリ、お金の流れがしっかり見えることです

例えばクレジットカードはつい気軽に使ってしまいがちですが、翌月の請求書を見てビックリ!な経験をする人は多いでしょう。

マネーフォワードMEは、カード利用後しばらくするとデーターが反映され、逐次利用したお店や金額がわかるようになっています。

リボ払いでいくら残高があるか?使いすぎていないか?などが通知できます。

さらには収入に対しての利用残高はどうなっているかレポートを見ることができます。

また、最近では無料でファイナンシャルプランナーとオンラインで面談することができるので、改善することが難しい(面倒な)お金の収支バランスを相談することができます。