CMで話題のZEUS WiFi(ゼウスWiFi)が他のポケットWiFiよりもおすすめできる理由

2020年7月30日

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)ってなに?

ゼウスWi-Fiは、2020年4月からサービスを開始したデーター容量が完全無制限の新しいポケットWi-Fiのサービスです。

最近始まったサービスではありますが、運営の株式会社Human Investmentは2010年に設立され、これまでインターネットに関わるコンサル事業などで着実に成長してきた会社です。

現在、テレワーク急増などで申し込みが殺到しており、既存の会員への回線品質維持の観点から新規申込を一時停止しています。

また、現在のプラン(ベーシックプラン)も2020年7月25日までの受付となっています。

設備増強が早く完了し、端末供給も早く安定できるようになればいいですね。

なぜゼウスWiFiをおすすめするか?

他社のポケットWiFiと似たような理由になるのですが、特におすすめしたいポイントを紹介します。

月額料金が他のポケットWiFiと比べて安い!

現時点で(2020年7月時点で)他のポケットWiFiと比較すると、月額料金が3,280円と圧倒的に安いことです。

※キャンペーン中につき月額2,980円から利用可能!7ヶ月目から契約終了まで月額3,280円!
※通常は月額3,480円、キャンペーンはいまのところ終了予定なし

他社と比較したところ同じくらいの金額で利用できるのは、「Mugen WiFi」の月額3,280円と「クラウドWiFi」の月額3,480円くらいでしょうか。

速度や端末の性能は他のWi-Fiサービスと比べてほとんど変わらないので選ぶべきポイントは料金になります。

端末のレンタル料金も無料

他社では端末のレンタル料金がかかることもありますが、ゼウスWiFiは無料です!

解約料金も安い

他社ポケットWiFiと同様にゼウスWiFiも解約時に解約事務手数料がかかりますが、いつ解約しても9,500円と安いです。

他社でも同じような金額に設定していますが、2年目もしくは3年目からこれくらいの金額になるところがほとんど。

1年目以内の解約では他社では2万円程かかりますが、ゼウスWiFiは9,500円です。

体験キャンペーンにつき30日以内は解約事務手数料0円

キャンペーン実施中につき、課金開始日から30日以内なら通常、解約事務手数料9,500円かかりますがいまなら0円!

こちらのキャンペーンは2020年7月25日に終了予定

解約もWebから

これはポケットWiFiに限ったことではありませんが、解約するときは大抵の場合、電話で手続きをしますが、ゼウスWiFiではWebからできます。

電話で解約ってかけるまでが億劫になりますし、かけたところで窓口混雑でつながらない!なんてことがありますからこれは良いですね。

解約するときは、箱・付属USBケーブル・説明書・本体の一式を返却する必要がありますので必ず保管はしましょう。

速度が安定している

ゼウスWiFiは独自の端末および独自の回線を使用しているために安定した速度(理論値で150Mbps、実際の速度は25Mbps前後)を提供していいます。

他社のポケットWiFiでは接続不安定だったり当初はデーター容量完全無制限と謳っていたものの加入者数が増えたため障害が発生し、制限をかける事業者もでてきました。

その点、独自回線を利用しているゼウスWiFiだと障害の発生が起きる可能性は少ないと思います。

トリプルキャリア対応

ゼウスWi-FiはクラウドSIMという技術で、ドコモ・SoftBank・auの3つ(トリプル)の回線を使用することができ、その時その場で安定した回線を自動で選んでくれます

海外でも利用できる

いまではスマホをそのまま海外でも使えますが、料金が非常に高いことがネック。

しかしゼウスWiFiは端末をそのまま海外で利用可能。

海外データープランさえ購入すればOKですが、非常に安いです。

申込はマイページから可能。

料金ですが例えば、アジアで人気の旅行先のひとつであるタイの場合、7日1GBのプランで538円!(30日3GBだと1,344円)

韓国や香港なら7日1GBプランで430円!(30日3GBだと1,076円)

コロナや情勢が落ち着いてきたら是非とも海外旅行で活用していきたいですね。

工事不要

自宅で光回線を使うときは工事が必要で、工事料金がかかる場合があることや、賃貸だと工事さえできないことがありますが、ゼウスWiFiなら届いたらすぐに使えます(ゼウスWiFiに限った話ではありませんが・・・)。

申込方法は?

現在、ゼウスWiFiの申込は公式ホームページからしかできません。

下のバナーから直接お申込みが可能です。

※2020年7月25日より新規申込の受付を一旦中止します。

 

 

 

まとめ

自社で端末を独自に開発し、トリプルキャリア対応、一定の会員数を超えたら無理に新規受付しないなど安定した品質を提供したいという企業の想いが伝わってきます。

また料金も月額2,980円から利用でき、また海外利用料金も安く、非常にコスパに優れています。

現在は新規受付停止し、端末の安定供給にむけた取組や、昨今のテレワーク増加に向けた設備増強をしている状況です。

もしかしたら今後、料金改定される可能性もありますが、これからも安くて安定したサービスを継続してもらうことを祈るばかりです。